CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
フルオリジナル、特別注文制作によるウォッチケースを紹介。SPECIAL...Watch case
CATEGORIES
レゾンデートルのインスタグラム。
レゾンデートルのツイッター。
レゾンデートル〜Original Design Jewelry Works〜のフェイスブックページへ。
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
9/19。


夕日に照らされる愛車。あ〜帰りたくない、このままどこか遠くへ行きたい! っと思ったところで、家庭があるのでなるべく早く帰りま〜す。写真は夕陽に染まる、八郷の果樹園近く。
最近またもやボアアップ日記へのアクセスが増えているので、これからやろうとお考えのお客様に敢えて言います。

「JUN」 さんのライトボアアップキットで 80cc 化していますが、ノーマルヘッド・ノーマルマフラー・レギュラーガソリンOKで、耐久性重視の優れもの。ベースとなった製品で、日本一周した方が存在する信頼のあいつ! ですが、車体そのものは 50cc のミニバイクなのを忘れてはいけません。

予想外に使えるエンジンになりましたが、ノーマルサスやブレーキは、その様なパワーに対応するようにできていませんが、まぁギリギリこの位まではって感じです。

これ以上いじりたい方は、前後サス交換・ブレーキディスク化は必須になるでしょう。更にスイングアームも伸ばしたほうがいいかもですね。

いつか違う車体で今以上を目指したい気もありますが、愛機の CL は山遊びようでもあるし、そこまでする気はないです。お金も幾らあっても足らなくなりそうですしね。

そんな訳で、久し振りにちょっとだけ、山に行きました。面白かったです☆



公式HP
レゾンデートル
オンラインショップ 
レゾンデートル -handmade silver accessories-
e-Mail 
raison@jv.chu.jp

オリジナルジュエリー / シルバーアクセサリー / 結婚指輪・婚約指輪
制作販売・修理・リフォーム
| CL50ボアアップ日記 | 12:16 | - | - | pookmark |
慣らし完了。


CL50のエンジン。現在、JUNの「日本一周レプリカ80ccキット」を組んでボアアップ済み。
愛車のボアアップの為の慣らしが終わりました。メーカー推奨の1,000km まで、約三ヶ月強かかった事になります。
寒さのせいで乗る回数が減っていたとはいえ、花粉症? による結膜炎に悩まされなければ、もっとずっと早く終わっていたんですが。とりあえず慣らし完了に伴い、エンジンオイルの交換をしました。

そうしたら出るわ出るわ、スラッジ交じりの真っ黒なオイルw 
まぁそうは言っても、200km を若干こえた時点での最初の交換では、オイルがキラキラしていて、まさに金属粉が! という程でしたが、意外にもそれでいいんだそうです。

新車も最初のオイルってそんな感じらしいですね。。。だから早目に交換して、当たりをつけてあげないといけないのか。と納得。そのまま乗ってりゃ、中が傷だらけになっちゃいそうです。

現在の仕様は以下の通り。

ノーマルヘッド
ノーマルマフラー
80ccライトボアアップキット組み込み
PC20キャブレター (ノーマルセッティング・RAYバルブ仕様)
ハイカム
Fスプロケ15丁
キットはJUN製、『PEGASUS』 さんで購入しました。

最高速度は、平均で70km 〜 75kmくらいです。これは自分の好みでノーマルマフラーに拘っているせいもあります。ステップアップするのなら、へッド毎交換しちゃえば 80km は余裕で超えるんじゃないでしょうか。

普段は60km 巡航、余力があるのでとても楽です。
燃費もボアアップ前と変わりません。

とにかくトルクがアップしたので、加速が良いです! そんなわけで、そろそろ林道にでも行ってみたい今日この頃。どこ走ろうか検討中です。



公式HP
レゾンデートル
オンラインショップ 
レゾンデートル -handmade silver accessories-
e-Mail 
raison@jv.chu.jp

オリジナルジュエリー / シルバーアクセサリー / 結婚指輪・婚約指輪
制作販売・修理・リフォーム
| CL50ボアアップ日記 | 12:54 | - | - | pookmark |
ミニメーターが付きました。


本当はスッキリさせたいので、ノーマルメーターを外してそこに移植したいです。暇があったらいつかやろう。
順調に慣らしが進む中、いずれ高回転まで回せるようになると、ノーマルメーターでは速度が表示しきれないのでミニメーターを付けました。売り切りで安くなっていて、サイズも結構小さいのでゲット。とりあえずトップブリッジに彼の位置を決めましたが、いずれ APE のノーマルヘッドライトケースでも手に入れて、そこに移植しようと思ってます。
そうするとかなり見た目にすっきりして、いい感じになるでしょうね。

ちなみにこのミニメーターは 140km まで表示できるようになってますが、間違ってもそんなには出ません。てか、出たとしたらエンジンブローは確実w 実際には排気量やボアアップ時の仕様から考えて、80km+α くらいでしょう。

オイル管理は重要。自分で作業したし、とにかくずーっと乗りたい。もう一台くらいまたやりたいなぁ。
で、慣らしが 200km 終わった時点で最初のオイル交換をしました。
エンジンの寿命を決める初期なじみの大切な時期でもあるし、タコメーターがないのでかなり丁寧に走ったつもりです。これからはもう少し回せるので、距離が進むに連れて徐々に上限をアップさせ、ウキウキのバイクライフを満喫できます(^^)



公式HP
レゾンデートル
オンラインショップ 
レゾンデートル -handmade silver accessories-
e-Mail 
raison@jv.chu.jp

オリジナルジュエリー / シルバーアクセサリー / 結婚指輪・婚約指輪
制作販売・修理・リフォーム
| CL50ボアアップ日記 | 12:42 | - | - | pookmark |
CL50、ボアアップ完了。


作業終了時は超ドキドキ。エンジンがかかった時は物凄く嬉しかった。とにかく自分でやって良かったです。
作業終了後、クラッチがきちんと切れているかを再び確認し、何度か空キックをしてみました。ノーマルと違い、明らかに重みが出たキックペダル。

圧縮が高まり、パワーが上がった証拠とも言うべき感触を味わいつつ、踏み抜くと中でシリンダーやらが正常に動いている手応えがありました。

そしてついにエンジンをかけてみる事に。
フューエルコックを ON 、メインキーを入れ、高まる期待と不安を感じながら、キック!

すると一発でエンジンがかかり、アクセルを捻ると軽やかな吹け上がり。その時の自分の心境は、「あ、かかった」 と、意外とあっさりとしたものでした。でも内心かなり嬉しかったですね〜 これは自分で作業しないと絶対に味わえない気分だと思います。

しばらく暖気した後、軽く流しに行きました。
いやぁー素晴らしい。ノーマルマフラーが使えたおかげで、音量は全然変わってないですし、見た目もノーマルルックのまま。でもトルクがかなり強くなって、グイグイと前に進んでいきます。

最初は丁寧に慣らしをしなければいけないので、スピードこそ出せませんがもう最高!

排気量は 1.6 倍になったわけですが、それでこんなに違うとは。別のバイクを買っちゃったみたいです。

しばらく慣らしの日々が続きますが、長く乗るためには必要なことなので、丁寧にやってあげようと、暇をみつけてはチョコチョコと走っております。

今日現在で 125km ほど走りました。200km を超えたら一度オイルを交換します。

ちなみにオイルは、100% 化学合成タイプの、なるべくグレードの高いものを使用する方がいいそうです。そしてできるだけマメに交換すること。完成されたノーマルエンジンをいじって、別のパーツが幾つも入っているわけですから当然ですね。

安くても必要な機能を備えたオイルならいいですが、そういうものはそれなりに値がはるもの。自分はランニングコストも考えて選びました。メーカーさんに確認したら問題はないでしょうとの事でした。

こうして、初のミニバイクで、2輪の本当の楽しさにどっぷり浸っているわけですが、これから寒い間はとにかく慣らし。終わったら山とか行って、林道なんかを走り回りますw

これからボアアップしようかなと思っている方がこれまでの日記を読んで、自分もやってみようという気持ちになれたら嬉しいですが、実際に作業してみないと分からないこともたくさんありますので、あくまで参考程度にしてください。なにかあっても責任は取れませんので、自己責任でお願いします。

そんなわけで CL50 のボアアップ日記は終了です。仕事と全然関係ないのに長々と続きましたが、すいません。

とにかくバイクは最高です、今回、自分で作業したせいで余計に好きになりましたし、一生乗り続けたい気持ちが更に高まりました。いぇ〜い☆



公式HP
レゾンデートル
オンラインショップ 
レゾンデートル -handmade silver accessories-
e-Mail 
raison@jv.chu.jp

オリジナルジュエリー / シルバーアクセサリー / 結婚指輪・婚約指輪
制作販売・修理・リフォーム
| CL50ボアアップ日記 | 12:27 | - | - | pookmark |
腰上編 ァ


ある方のHPで読みましたが、上から見て合わせた為にマークがずれてたそうな。。。調子がいまひとつだったので、確認して直したそうです。
カムにチェーンをかけたら、フライホイールの T マークと、スプロケの○印をそれぞれの位置に合わせて組みます。これは点火のタイミングを合わせる作業です。

タイミングマークと自分の目線の高さを一緒にして見ないと、コマがひとつ分ずれて組んじゃう、などのトラブルになります。そうすると点火時期も狂い、性能が発揮されないばかりか、最悪エンジンが壊れたりもするそうですので、要注意です。

フライホイールは作業中に回ってしまうので、ドライバーなどをクサビにして、固定するとやり易いです。カムはあまり余裕がないのでちょっと大変かもしれませんが、冷静に、ひとコマづつ送って合わせてあげました。そしてカムシャフトとスプロケを繋ぐボルトでしっかりと固定します。

キット用にセッティングされているので、自分みたいな知識ゼロな人でも安心。ただ組むだけw
エンジンの作業が終わったら、キャブ交換です。

キットに付属していたのはケイヒン PC20 キャブレター。モンキーや Benly シリーズにはリミッターがないですが、カムやキャブ・スプロケなどが総合的にその役割を果たしています。その為、ボアアップ時にはそれらを交換しないと、本来の性能を発揮する事ができません。

このキャブも 80cc クラスでは定番で、扱いやすさに定評があります。それに加えて、『PEGASUS』 さんで購入した今回のキットのキャブは、スロットルバルブが特殊な形状のものになっています。

JUN が独自に開発した 「RAYバルブ」 というもので、ノーマルと比べると明らかな差がでるそうです。特に中低速でのトルクの違いが顕著になるそうで、これも購入動機の理由のひとつとなりました。

キャブを取り付けたら、アクセルワイヤーの取り回しや遊びなどを確認し、クランクカバー・キックペダル・チェンジペダル・ステップにサイドスタンドなどを元通りにして、ついに全ての作業が完了です。

ちなみに、CL50 は車格が大きいため、フロントホイールを外さなくとも腰上作業は問題なくできました。

そして、各部の点検をして、新たなオイルを注入し、ついにエンジンをかける時がやってきました・・・!



公式HP
レゾンデートル
オンラインショップ 
レゾンデートル -handmade silver accessories-
e-Mail 
raison@jv.chu.jp

オリジナルジュエリー / シルバーアクセサリー / 結婚指輪・婚約指輪
制作販売・修理・リフォーム
| CL50ボアアップ日記 | 12:24 | - | - | pookmark |
腰上編 ぁ


NEWシリンダー。これから組み付けるのかと思うとたまらん。早く乗りてぇ。
右が新しい 80cc シリンダーとピストン、左がノーマルのもの。大きさが全然違うのが分かりますね。

JUN さんのキットと、他メーカーのボアアップキットとの一番の違いは、ハイオクガソリンを必要としない事。独自技術による専用設計で、耐久性・耐摩耗性などにすぐれているばかりか、通常のレギュラーガソリンでも問題なくパワーを発揮する。というのも気に入って購入した理由のひとつです。

自分が調べたところ、他のメーカーはほぼ全てがハイオク指定されているみたいですね。確かにトップスピードなどでは差はあると、販売元も言ってはおられますが・・・自分にとって最も大切なのは、長く問題なく走れることなので、調べまくった結果、やはり JUN しかない、という結論に至り、購入しました。

もう〜早く! 早く! と自分を焦らせそうになりながらも、そこは大人。しっかりと丁寧に進めていきました。さすが三十台、もう若くねーぞぉ。
ピストンを外すときには、片方のサークリップをラジオペンチなどで外し、反対側からピストンピンを押し出します。組み付けはその逆です。

新しいピストン・ピストンピン・シリンダー内部にオイルを塗って、ピストンリングの向き (三本あります) に気をつけて、傷を付けないよう注意しながら組みましょう。

ヘッドまで付けちゃったら、いよいよゴールはもう間近。ドキがムネムネしてくるのもこの辺りからですw

カムチェーンは、写真では仮にカムシャフトのボルトを使って引っ掛けていますが、本当は長いワイヤーなど縛って中に落ちないようにしておいた方がいいですね。組み付けの際にも、気をつけていないと中にサヨナラしてしまいます。一瞬そうなりかけて焦りましたが、落ち着いてやれば大丈夫でしょう。

仕組みなぞ分かりませんが、虎の巻の指示に従って頑張りました。とにかく簡単ですが油断大敵。ある程度勉強してからやってます。
チェーンとカムのスプロケを付ける前に、フライホイール下にあるこのボルトを外しておきます。これはカムチェーンの油圧テンショナーになっているので、外さないとキツくて組めません。

終わった後に、元通り締めておくのも忘れないようにします。



公式HP
レゾンデートル
オンラインショップ 
レゾンデートル -handmade silver accessories-
e-Mail 
raison@jv.chu.jp

オリジナルジュエリー / シルバーアクセサリー / 結婚指輪・婚約指輪
制作販売・修理・リフォーム
| CL50ボアアップ日記 | 12:19 | - | - | pookmark |
腰上編 。


とにかく小さいピストン。こんなのが自分を乗せて頑張っていたとは。。。すげぇ!!
で、シリンダーも取っちゃったところです。外す前に、エンジン左側にあるボルトを緩めて、カムチェーンガイドローラーを外しておきます。その際、ガイドローラーとカムチェーンをクランク内部に落とさないよう注意です。
それと、矢印の部分、コンロッドの根元に古い T シャツの切れ端を詰めて、中に異物などが入らないよう蓋をしてあります。

シリンダーを抜くときには、スタッドボルトを曲げてしまわないように注意してやりましょう。

ピストンが露出していますが、小さいったらないですねぇ。こんなんが中でワッショイ×2 動いて、自分みたいなの乗せて走るんですからね。凄いなぁ〜 うちの二歳児の息子の手の平並みに小さいのに。

それにしてもカーボンやらオイルやら付着していますね。このピストンはもう使わないのでいいんですが、ヘッドをひっくり返して、バルブ周辺のカーボンはできるだけ落としておきました。

そしてなぜか、スタッドが一本だけ錆びてます。頭の袋ナットもこいつのだけ別のものになっていたので、もしかして過去に開けた人がいるのかも???  おそらくワンオーナー車で、購入時に 11,789 km 走っていた車両ですが、ちょっとした修理などあったのかもしれませんね。まぁ気にしても仕方ないので無視しました。

とにかく慎重に丁寧に。ドリルが折れたら厄介ですよ。
シリンダーが外れたら、このオイルオリフィスも拡大しておきます。
強化オイルポンプに交換したためで、必ずしも必要ではない、との事ですが、熱対策として、ポンプの性能を発揮させるためにも自分はやりました。

ピンバイスがあれば、スタッドボルトを外さずにできます。キットの推奨値は 1.5mm。
この時、ドリルが細いので、途中で折れて泣きをみないように丁寧にゆっくりやった方がいいです。



公式HP
レゾンデートル
オンラインショップ 
レゾンデートル -handmade silver accessories-
e-Mail 
raison@jv.chu.jp

オリジナルジュエリー / シルバーアクセサリー / 結婚指輪・婚約指輪
制作販売・修理・リフォーム
| CL50ボアアップ日記 | 13:21 | - | - | pookmark |
腰上編 ◆


一本だけ錆びてたスタッドボルト。たくさん走ればいつかカムチェーンなど換えるときが来るでしょうから、その時ついでに強化品にでもしようかと。。。
ヘッドカバーを全部外したら、ヘッド本体を取ります。四本のスタッドボルトから抜くのに、ちょっとコツがいりました。とりあえずゴムハンで軽く叩きながら優しく抜き取ります。

矢印の部分に、ピストンの頭が見えますね。エンジン本体をばらし出すと否応もなくテンションがあがりますw

とても簡単なのですが、なんとなく安心が欲しくてバイク屋さんへ。素人丸出しです。
ヘッドです。
トップのカバーを外した中に、ロッカーアームが見えます。矢印が指しているのはバルブの蓋を外したところ。最後に全てを組み付けた時、ここにアジャスターがあるので、バルブクリアランスを調整します。

作業にはシックネスゲージが必要で、メーカー推奨値は IN ・ EX 共に 0.05 mm。
アジャスターを締めたら、100g 程度の力で素直にゲージを引き出せるくらい、というのが丁度良い計り方らしいです。

どうせある程度走ったら、また調整したほうがいいので、そんなに神経質にならずにやればいいんじゃないかと思います・・・自分はなんとなく安心したかったので、ここだけはいつもお世話になっているバイク屋さんにやってもらいましたが。

丸で囲んであるところに、ロッカーアームを留めているシャフトがありますが、これは中にボルトを入れて、ネジ山を内側に引っ掛ければ引き出すことができます。

アームが緩んだらノーマルカムシャフトが取り出せるので、キットのハイカムとロッカーアームにオイルを塗り、組み付けます。

カムの写真も撮ったはずなんですが、どっかいっちゃいました。
比較すると、ハイカムの山は明らかにノーマルより高さがあり、こりゃ〜いかにもトルクがアップしちゃうね! と気分ノリノリになってしまいます。



公式HP
レゾンデートル
オンラインショップ 
レゾンデートル -handmade silver accessories-
e-Mail 
raison@jv.chu.jp

オリジナルジュエリー / シルバーアクセサリー / 結婚指輪・婚約指輪
制作販売・修理・リフォーム
| CL50ボアアップ日記 | 10:11 | - | - | pookmark |
腰上編  


撮影を忘れたので古い写真でイメージ。すんません。ヘッドも交換する更なるボアアップなら、ハイカム組み込み済みのキットが来るようです。それなら楽だし簡単ですねw
そんなわけで腰上編の始まりです。
腰上作業の目的は、ノーマルカムをハイカムに交換・ピストンとシリンダーを 80cc のものに交換・その後キャブを口径の大きなものにする。です。作業を始める前にキャブレターとマニホールドを取ってしまいましょう。

そしてヘッド左側の丸いカバーを外します。ここを開けるとカムスプロケットが見えます。反対右側中央にあるボルトを緩め、ゴムハンなどでボルトの頭をコツンと軽く叩いてあげると、中で押されてカバーが外れます。

ワクワクが加速してきます。早くハイカム入れてぇ〜!
しかし時間がないのが悩みでした。でも焦らず確実に進めましょう。
取れました。カムスプロケットとチェーンが見えますね。スプロケの二本のボルトは、カムシャフトを固定しています。これも取っちゃいます。

この時、スプロケが回って緩めづらいですが、フライホイールを手でおさえながらやれば大丈夫です。

ヘッドが取れるとテンション更にアップです。そしてエンジンのシンプルさでまたビックリ。
そうしたら、右のヘッドカバーと頭のカバーも外してしまいます。
ここで余談ですが、カバーが固着していたため、ゴムハンでポコポコ叩いたところ、フィンが一枚折れました。別に力は入れてなかったんですが・・・キン! と、やたら気持ちいい音がして、フィン破損。

一瞬あらあらってなりましたが、ハーレーのショベルカスタムに乗っていた時に育まれた僕の心は、そんな些細なことではビクともしません。

走るのに問題なけりゃ、それでいいのです。

でも、その後はちょっと慎重になりましたw 変に叩いてまた折らないよう、優しくいじめてカバーを外し、ヘッドも無事に外すことができました。



公式HP
レゾンデートル
オンラインショップ 
レゾンデートル -handmade silver accessories-
e-Mail 
raison@jv.chu.jp

オリジナルジュエリー / シルバーアクセサリー / 結婚指輪・婚約指輪
制作販売・修理・リフォーム
| CL50ボアアップ日記 | 15:25 | - | - | pookmark |
まさに虎之巻。


今年もあと僅か、というところで、やっと愛車の CL ちゃんのボアアップ作業も終わりました。ちょっと試運転をしてみたのですが、ノーマルとのあまりの違いに、はっきり言って感動の一言ですw
そんなわけで、腰上いじりのレポートをチョコチョコ紹介していこうと思います。まずは自分が今回の作業全般に使用した、マニュアルについて。

別にキタコの回し者ではありませんが、これは絶対あった方が良い。ド素人の自分にも分かりやすいしお勧め!
80cc への排気量アップを思いついた時点で、これは買うべきだと決めていたのが、知る人ぞ知るキタコの 「虎之巻」 。写真のは 「腰上編」 ですが、もう一冊 「腰下編」 も買いました。純正マニュアルは持ってないです。お値段は二冊で ¥1,760 でした。

とにかく分かりやすいイラストと詳細なデータ、注意点や必要な工具類まで詳しく説明されていて、値段以上の価値は絶対にあります。

自分みたいな初心者でも読めばできちゃうので、これからやろうという方には本気でお勧め。まさにバイブルですね。

ボアアップキットの組み込み自体は、要領の分からんボンクラな自分で、通してやったとすると三日くらいかな? 実際は一度に 2 時間〜 4 時間くらい、短いときなど出勤前のたった 30 分という程度で、何回にも分けて作業しました。

知識があって慣れてる人なら、一日あれば全部できちゃうんじゃないでしょうか。プロの方で、ライトボアアップなら4時間程度と聞いた事もあります。

後は購入した 『PEGASUS』 さんにメールで聞いたり、そこの FAQ 掲示板を観たりして、なんとか作業完了です。
とにかく親切丁寧、しかも根気強く回答していただいてとても助かりましたが、あまりに無知な自分のせいで多大なご迷惑もおかけしてしまい、申し訳ない気持ちもいっぱいです。

やってみようという勢いも必要ですが、少しは自分なりに勉強してからやった方がいいですね・・・皆が知ってて当たり前な事すらロクに知らなかったのは自分ですが、恥ずかしいと同時に情けない。

こんな自分にも、本当優しく丁寧に教えてくださった 『PEGASUS』 さんもとってもお勧めです。ボアアップキット購入を検討されている方は是非相談してみたらいかがでしょうか。スピードも欲しいけど、耐久性やトータルバランスが大切と考える方ならピッタリンコ間違いなしです。



公式HP
レゾンデートル
オンラインショップ 
レゾンデートル -handmade silver accessories-
e-Mail 
raison@jv.chu.jp

オリジナルジュエリー / シルバーアクセサリー / 結婚指輪・婚約指輪
制作販売・修理・リフォーム
| CL50ボアアップ日記 | 12:45 | - | - | pookmark |
| 1/2PAGES | >>